平成二十六年十二月二十五日新宿街宣告知

Share Button

概要:移民政策と少子化と出生率。オランダのイスラム問題。


【月例】12・25 移民受け入れ断固反対街宣in新宿/反グローバリズム保守連合

この月例新宿街宣も、もう1年が経とうとしています。

様々な対立を振り返って見ても、親中韓派と反中韓派、捏造自虐史観派とその否定派を軸とする対立構造も更に明確となってきました。移民政策についてもその8割以上が支那からの移民と想定されることから、移民政策推進の人々の多くが親中韓派です。

【私達は特に移民問題について取り上げています。】

今、移民政策の必要性を唱えている人々の多くはかつてTPPを無責任に推進した方々でもあるでしょう。過剰な自由貿易と移民は切っても切れないものです。彼らは少子化や生産年齢の減少を口実に移民政策の必要性を唱えますが、人口さえ増えれば良い訳ではなくそれに比例し、莫大なコスト負担も強いられることになります。移民に頼らない政策があるのです。

まず、出生率を高めるために最も分かりやすいのは賃金のアップです。日本に出稼ぎに来る外国人労働者は祖国よりも日本が稼げるから来ますが、それが日本人の賃金を引き下げ、相対的に移民の出生率が高くなり、日本人の出生率は更に低下します。例え人口減少に一定の歯止めがかけられたとしても日本人の少子化は止まらず、やがて日本人種はマイノリティ化を余儀なくされてしまうのです。

とてつもない反日暴動をも繰り返す支那からの移民が増えれば、当然、日本国内での反日暴動も頻発することになるでしょう。

反日教育を国是とする支那からの移民が大半となれば様々な問題やそれに伴うコスト負担をも強いられることは明白で、ヨーロッパでの移民政策の失敗が取沙汰されていますが、日本の場合はもっと悲惨な結果を招くでしょう。日本と支那ではまず基本的な民主主義的価値観の共有さえできません。参政権も認めるということになれば、彼らがその頃、マイノリティ化した日本人を支配する側に立つのは当然の成り行きと言えるでしょう。
金融政策とは雇用政策であり、それによってデフレ脱却、内需と雇用、実質賃金の上昇が見込めます。それが健全な循環を作り少子化対策ともなるのであってそこに、低コストな労働力として外国人労働者を組み込めばぶち壊しです。要は実質賃金上昇こそが最大の少子化対策とも言えます。少子化は止まらないとする前提がおかしいのであって、産業構造の転換も必要な筈です。ヨーロッパのようになんでも移民で解決しようとするからこそ、少子化を止めることは出来ないのです。

【私達が「国を守る」という時、それはいったい何を指すのか。】

合議制を基本とする日本の政治体制は聖徳太子の頃からの伝統です。立憲君主制である日本には絶大な権力を手にする大統領は存在せず、首相はあくまでも行政の長です。一方、天皇は神道の長として国事行為をおこなうことで日本の優れた合議制、民主主義は保たれてきたのです。決め事は国会で議決され、官僚がどれだけ強くとも支持基盤を失えば次の選挙で落選する議員が議決します。そうした国の枠組みがあって、私達の民主主義や自由は守られているのです。国を守ることは私達の民主主義と自由を守ることです。

【今後の取り組みと指針】

今年1年の成果の一つとして署名プラットフォームである「いざなぎ署名」を公開しました。
住所記入欄の有無、詳細レベルを選択できIPアドレスの添付、メール認証によってその信憑性を高めています。日本国民であれば誰でも無料で自由に利用できるものです。このツールを武器とすることで効果的な申し入れや行政交渉も可能となりますから、今後このツールの周知も重要となってきます。恐らく来年も月例となるだろう街宣は報告の場を兼ねることになります。

現在はまだ作成公開された署名キャンペーンの数は少ないのですが、今回はその一つを紹介します。

作成団体は反グローバリズム保守連合です。
===================================================
【緊急・ネット署名/イスラム問題】オランダ、ウィルダース党首訴追に対する抗議署名
===================================================
http://izanagisig.jp/sig.php?usr_no=30&sig_no=3

詳細はページを見て頂きたいのですが、オランダに於けるヘイトスピーチ問題としてイスラム批判の急先鋒の一人である自由党党首のヘルト・ウィルダースのヘイトスピーチ訴追問題を取り上げています。

この問題を有田芳生などのヘイトスピーチ推進派や議員が取り上げていることから国内政策の判断に影響を与える可能性を懸念するものです。サイトの周知もまだこれからですからどこまで出来るか分かりませんが、目標の100筆に達した場合、直接、オランダ大使館に申し入れを行う予定です。

もし一旦、移民政策に大きく舵を取ることになれば、大量のイスラム移民も日本は受け入れざる得なくなりますから、日本にとっても自国の問題として考えるべき重大な問題です。

【参考】
シリア難民:1カ月で57万人増…スウェーデン移民庁職員
http://mainichi.jp/select/news/20141204k0000m030077000c.html

何はともあれ今年最後の月例新宿街宣です。
宜しくお願い致します。

================================================
【街宣告知】
================================================
日時:12月25日(木)19:00~20:00
場所:新宿東口(アルタ向かい)
ニコ生配信予定(カルロスさん)
現場責任者:遠藤修一(@endoshuichi)

※事情により予定変更となる場合もありますので、@endoshuichi(Twitter)をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です