平成二十六年五月二十二日新宿街宣告知

Share Button

概要:反日国家である中韓。日中韓FTAに対する抗議など。


 

【月例】移民受け入れ断固反対街宣in新宿/反グローバリズム保守連合

私達はグローバリズムの最たる問題として移民政策反対を掲げていますが、特に中韓に対してはそれ以前の問題だと言わなければなりません。

現在、反日教育を行い、歴史認識の相違や領土問題を抱える敵性国家からの移民流入は致命的であり、こうした敵性国家とは政治的に断交あるのみです。ところが、この日本はこれら敵性国家に対し、外国人奨学金制度や様々な形で日本人よりも優遇しています。

この国は誰の為の国なのでしょうか。

国が、敵性国家の一方的な主張を認めてしまうのならば、国の将来などありません。私達の正当な主張を差別主義と批判する勢力の中心には反天連のような露骨な反日運動があり、日本そのものの存在(国体)をも否定しているのです。自国を外国勢力から守ろうとするのは当然であり、それは人種差別である筈がなく、私達の国は領土の拡大を主張している訳でもありません。

今、台湾やベトナムで起きている反中運動は日本よりも過激なものとなっており、そうした運動は中国と結託し小中華思想によるのか近隣諸国に対する差別的言動、行為を隠さない反韓運動をも兼ね、それは日本に於いても同様の現象です。中韓問題とはもはや東アジア全体の問題として共有されているのです。(当然、どの国にも左派、親中派はいるものです)

そうした現状、在日社会が私達のような運動を否定するならば、それは「差別」を盾にする侵略行為、その加担行為に他なりません。在日の方々には母国がありその参政権が与えられているのです。

反グローバリズムとして移民政策反対は当然の主張ですが、中韓の問題について域内最大の脅威として私達は東アジアの各国と連携する事も可能でしょう。
これを日本だけの問題としてのみならず、まさに東アジア全体の平和と安定、それぞれの国の主権を守る為に私達は連携すべきです。

————————————————————————-
都内でも反中デモ 在日ベトナム人「侵略やめろ」日本と連携訴え2014.5.11 19:50
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140511/tky14051119500002-n1.htm
————————————————————————-

私達はこれらのベトナムの人々とも共闘したいと思います。

これを書いている5/14現在、このような報道もあります。
——————————————————————-
中国、南沙諸島に滑走路か…埋め立て、比が抗議 2014年05月14日 14時16分
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140514-OYT1T50147.html?from=tw
——————————————————————-

今月、5/17には日中韓投資協定が発効します。
これは中韓に対し、内国民待遇を保証するものであり、様々な問題が挙げられますが、日本にとっての敵性国家であるばかりか、約束を守らず、嘘を捏造し、現在も反日教育を行うこれらの国との経済協定など異常以外の何物でもありません。その撤回を求め、更に投資協定を基盤に現在交渉中の日中韓FTAにも抗議しなければなりません。

最後に、私達が差別主義なのではありません。私達は反グローバリズムという政治運動を行っています。
しばき隊のような愚連隊、犯罪集団こそが醜悪極まりない本当のレイシストなのです。彼らのしている事は言論の封殺、妨害に他なりません。決して彼らに民主主義が敗北するような事があってはならず、私達は本当の世界平和の為に法治概念に則り正々堂々と戦っているのです。

【街宣告知】
======================================================
日時:5月22日(木)19:00~20:00
場所:新宿東口(アルタ向かい)

ニコ生配信予定

※事情により予定変更となる場合もありますので、@endoshuichi(Twitter)をご確認ください。

【反グローバリズム保守連合 公式サイト】
http://anti-globalism.alternwcs.org/
======================================================

【ドキュメンタリー映画】
反グローバリズム保守連合も協賛として参加し行われた4/27の「ジャパニーズオンリーデモ」がドキュメンタリー映画となりました。
なぜ、ジャパニーズオンリーなのか。グローバリズムの問題についても取り上げていますのでぜひ、ご覧ください。

右派ドキュメンタリー映画【Japanese Only】
https://www.youtube.com/watch?v=RTFMrigwR9I
制作:Izanagi works

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です